監視カメラ

ドアを修理する

ドアの修理をする時には、自分でどうにかしようと試みてそれで解決する場合は、それで構いませんが、自分では困難な状況でしたら、無理に自分で触らずに、ドア専門の修理業者の方に依頼をすることが望ましいです。ドアの修理を依頼する時とはどのような時が多いのでしょうか。玄関のドアの開閉がうまくいかなかったり、ノブが取れそうになっていたりというトラブルが多くあります。室内のドアでは、やはり、開閉がうまくいかなくなり、力を入れないと開閉をすることができないことがよくあります。そのたびにガコンという音がして、部屋の壁が揺れて何事かと思うほどの影響をもたらすことも少なくありません。それからよくある症例は、ぎいぎいという音がすることです。同じ家に住む家族でさえも、その音にいらいらすることもあるので、解消したい人が増えています。ドアのトラブルのほとんどの原因は、立てつけや蝶番の調子が悪くなっていることがほとんどです。

ドアの修理にかかる費用ですが、修理の内容によってさまざまです。例えば、ドアのギイギイという音を解消するには、立てつけを直すか、油をさし直すかになります。出張費用が込みで、1万円から1万5千円くらいで行ってもらえます。開閉の調子が悪くて開け閉めのたびに、ガコンガコンと音がして、力を入れなければ開閉がうまくいかない場合は、蝶番の歪みを直すか、調整をし直す必要があります。自然にしまりが悪くなっているのでしたら、蝶番を取り付けている部分の、ビス穴を見直す必要があります。ドアの蝶番の調整にかかる費用は、1万5千円から2万円くらいです。立てつけの修理費用は、5千円から2万円くらいです。玄関のドアの修理や交換には、6千円から1万円くらいの費用がかかります。